坐骨神経痛

静岡のなごみ整体院 坐骨神経痛についてマンガで解説

1) お客様の訴えるよくある症状例

坐骨神経痛』という症状、ご存じですか?

  • 腰痛の痛みが臀部から下まで出る様に
  • お尻~足にかけ、痛み・しびれが出る
  • 体を動かすと、痛み・しびれが悪化する
  • 前傾、後傾などの体勢で痛み・しびれが出る
  • 夜、足の痛み・しびれのせいで寝付けない
  • 足に力が入り辛くなり、動作に支障が出る
  • 下半身の筋肉の太さに左右差を感じる
  • 痛み・しびれで座り続けるのが辛い
  • 足を触ると、感覚が鈍くなっている

各々の症状の出方は様々ですが、一般的に臀部~下半身にかけ痛み・しびれ・感覚異常などの該当状態に陥る事を『坐骨神経痛』と呼びます。重度な方ほど症状が臀部~足先まで広がる傾向となる為、より早い改善の為には早期処置が重要となってきます。

ちなみに『坐骨神経痛』とは病気の名前(いわゆる病名)ではありません。色々な症状を全てひっくるめて『坐骨神経痛』と呼ぶため、人によって症状の出方や該当箇所は違ってきます。なお、症状は軽度中度重度とおおまかに3段階へ分類出来ます。

  • 軽度・・・動作時に臀部・太腿に痛みを感じ、ピリピリ・ピクピクと鈍い痛みを伴う
  • 中度・・・痛みが常に発症。その影響で睡眠障害や下半身の感覚が鈍くなることも
  • 重度・・・激痛の嵐。発症した足の筋肉が衰え、足の筋肉バランスが左右で変わる事も

坐骨神経痛』に限らず【神経痛】と称されるものは軽度であっても非常に辛く重度まで何もせずに放置するのは逆に難しいでしょう。意外かもしれませんが、当院でも相談頻度が圧倒的に多いのは軽度症状の方なのです。

それくらい【炎症】等による痛みと違い、【神経痛】は根性で抑え込めるものではないという事ですね。

2) 症状が出る主な原因

坐骨神経痛』の原因は様々で、症状の発現も多種多様につき個人差の大きい症状と言えます。

40代以降の中高年になる程『坐骨神経痛』リスクは高まる傾向ですが、ただ『腰痛』をこじらせるだけでも発症する事も多い為、実際『坐骨神経痛』は若年層にも多くみられる症状です。

肉体労働はもちろん、1日ずっと座りっぱなし等、体への負荷が大きい仕事をされている方への発症リスクは高いと言えるでしょう。

その他にも体の歪みから周囲神経が圧迫され、その累積が原因で発症、といった症例も多く見られる為、施術内容は腰痛』の改善歪んだ骨盤の正常化が主軸となりやすいです。

ただ、足首の硬直から症状が出るなど他ケースも珍しくはないので、ここで述べた事以上に実際の状態を見させて頂いた上での現場判断が最優先となります。

3) 当院での改善の仕方

坐骨神経痛』はデリケートな症状につき、的外れなアプローチや下手に時間をかけた施術では改善どころか悪化しかねません。早期改善を目指すには、より短時間でピンポイントな施術が必要となります。

もちろん全症例に対してではありませんが、病院検査で大きな障害が見つからず、かつ発症歴も浅い『坐骨神経痛』でしたらおおよそ短期集中施術による改善が見込めます

当院で行う『坐骨神経痛』の施術は、低刺激な【オステオパシー】が中心です。下手に体へ負担をかけずに行えるのが特徴で、症状が出ている問題箇所に直接アプローチを行わない、優しくソフトな施術法になります。

施術イメージ

腰痛』と共通の原因箇所が症状に繋がっているケースが多いため、最初に行う質疑応答の見立て次第ですが、それらに関連するアプローチがメインとなります。他にも、体のねじれやズレを整えることで、原因を根源から正常化していきます。

坐骨神経痛』には様々な原因が考えられますが、基本的に発症ポイントに直接アプローチは行いません。『神経痛』の発症原因となっている箇所へピンポイントでのアプローチを短時間で行います。より短時間で済ませた方が予後が良好な結果となりやすいのです。

その場で痛み・しびれを改善させる!というのも大事な事ですが、それ以上に痛み・しびれの原因箇所の改善を重要視しています。いくらその場で症状が改善しても翌日には元通り・・・、数日も保たない・・・、となってしまっては元も子もありませんので。

なお、腰痛や疲労を我慢し続けていたら『坐骨神経痛』になった!など、原因箇所の心当たりがあるなら整体院へすぐ予約する形で良いと思いますが、まずは病院にて検査を受けてから来院される方も多いです。半々くらいでしょうか。

4) 自分で取り組める改善方法

座骨神経痛』が発症しやすい方には一定の傾向があり「座りっぱなしの仕事」「運転時間の長い仕事」「立ちっぱなしの仕事」など同じ姿勢を長時間続ける仕事の方に多く見受けられます。故に、自ら取り組める改善法とはそれらの軽減化が中心となります。

座りっぱなしで仕事」の方は、どうしてもお尻への圧迫が日常化する為、『腰痛』リスクが高く『座骨神経痛』に繋がりやすい職業です。小まめに立って背筋を伸ばしたり、なるべく長時間の座位姿勢を避けるよう工夫したいですね。安値のパイプ椅子など『腰痛』を誘発させるような設備の使用も極力避けましょう。

運転時間の長い仕事」の方は、ハンドルを握る影響か猫背姿勢の傾向が強く、重い物の乗せ降ろしを伴うケースも多い為『腰痛』や『ぎっくり腰』の相談が多い職種です。運転中は小刻みに休息を挟む余裕も無いと思われますので、負担軽減クッションを使うなど、楽に座れる工夫を中心に対処するのがオススメです。

立ちっぱなしの仕事」の方は、職種内容的に中腰姿勢になる機会も多い為、やはり『腰痛』から『座骨神経痛』に繋がりやすい傾向です。まずは腰痛ベルトの利用や、負担の少ない靴に変えるなど、身につける物から変えてみるのが良いでしょう。

さて、ここまででお気づきかと思いますが・・・自らで出来る対処では抜本的な根治は難しく、あくまで「痛みの軽減化」や「状態悪化を防ぐ一手」が出来うる最大範疇となってきます。

根治を目指すのであれば、やはり最終的に改善すべきは“自分の体”となります。早期改善させた方が時間的にも心身的にも無駄な損失が生じない為、初期症状のうちに見て貰う事をオススメ致します。

5) よくある間違った対処方法

坐骨神経痛』に対し、推奨されない行為は多々あります。

これ以外にも氷水や冷湿布などで患部を冷やすのは避けましょう。『坐骨神経痛』は炎症とは違う為、患部を冷やすと痛みが更に悪化する場合があります。『ぎっくり腰』などと違い『坐骨神経痛』の辛い箇所は温めましょう。何にせよやらないよりマシ、程度なモノですが・・・

それと『坐骨神経痛』にはストレッチが効果的とも言われますが、症状が酷い状態から行っても逆効果になる可能性大です。神経痛の出ている患部を捻る・伸ばす等の行為は、適切な力加減や伸ばす方向の考慮が必要で、難易度が高いため推奨できません。

このように神経痛に対するセルフケアには限界があります。出来れば病院や整体院などへ行き、施術&術後指導を受けた後でのアフターケアとして行うと良いでしょう。

6) まとめ

これまで挙げた通り『坐骨神経痛』には様々な症状・程度がありますが、一般的に臀部・太もも・すね・ふくらはぎ・足先にかけて痛みやしびれが発症する症状を指します。

坐骨神経痛』は発症により日常生活に支障が出やすく、仕事での作業効率の低下、睡眠不足、ストレス肥大、体の動作不備など、長引くと精神的な負担も増え、全ての気力が萎えてしまう事もあるデメリットの大きな症状と言えるでしょう。

放っておいても良くなる事は少ないため(仮に良くなっても再発しやすい)早い段階で原因改善に向け行動することをオススメします

繰り返しになりますが『坐骨神経痛』は、適切な処置により基本的には早期改善が見込めます。もちろん全症例に対してではありませんが、病院検査で大きな障害が見つからないケースでしたら、おおよそ施術を重ねることで可能性はより高まるでしょう。

腰痛』と『坐骨神経痛』は同時に出るケースが多く、原因箇所が共通している事が大半なため施術内容は『腰痛』を主軸としたものになります。整体では3~6回前後での改善例が多く、軽度の『坐骨神経痛』なら3回内で十分な場合も。ただし、発症から時間が経って定着化してしまっている場合ほど必要回数は増える傾向です。

坐骨神経痛』を長引かせるメリットは皆無であり、症状期間が長引けば長引くほど、悪化しやすく治りにくくなるだけです。出来るだけ早期改善させる事で、ストレスの無い快適な日常を取り戻したいですね。