坐骨神経痛

静岡のなごみ整体院 坐骨神経痛についてマンガで解説

1) お客様の訴えるよくある症状例

『坐骨神経痛』という言葉、聞いたことがありますか?

  • 腰痛がなかなか抜けず、臀部にも響く
  • お尻~足にかけて、痛みやしびれが出る
  • 体を動かすと、痛みやしびれ部分が悪化する
  • 前に屈む・後ろへ体を反らすと、痛みやしびれ
  • 足の痛み・しびれのため、夜に寝付けない
  • 足に力が入りにくくなり、動作に支障が出る
  • 下半身の筋肉の太さに左右差を感じる
  • 足・臀部の痛み、しびれで座るのが辛い
  • 足を触ると、感覚が鈍くなっている状態

神経痛というぐらいなので病名と思われがちですが、実は『坐骨神経痛』とは病気の名前(病名)ではありません。いわゆる症状名というものです。

『坐骨神経痛』は、お尻や太もも・すね・ふくらはぎ・足にかけて痛みやしびれが出るのが代表的で、ふくらはぎの緊張、締めつけ感などの症状を伴うこともあり、40代以降の中高年の方に多く見られるのが特徴です。

2) 症状が出る主な原因

『坐骨神経痛』の原因は様々であり、原因により出る症状も変わります。要するに、個人差が激しいのです。他人の症状を聞き、自分と違うな~と思う方もいるかもしれませんが、原因箇所が違う可能性が高いため、症状が違うのは当たり前のことなのです。

ちなみに40代以降の中高年に『坐骨神経痛』のリスクが高まるのは事実ですが、実は『坐骨神経痛』は若年層にもみられる症状です。肉体労働や、1日ずっと座りっぱなし、など体への負荷が大きい方は誰しも起こる可能性があります。20代・30代の方には無関係、なんて事はありません。

当院で見る傾向としては、姿勢の歪みや神経近くの筋肉が過緊張になっているなど、均衡の崩れにより周囲の神経を圧迫、そのダメージ蓄積され過ぎが原因となっているのが大半のケースです。

ゆえに、施術もそれらの正常化が基礎となり各々の状態(症状)に合わせ、臨機応変に原因箇所を探ってゆきます。

3) 当院での改善の仕方

『坐骨神経痛』は適切な処置が行われれば、早期に改善します。
もちろん全症状に対してではありませんが(膀胱や直腸に障害が見られる場合は外科にて手術も検討されます)病院での検査で、大きな障害が見つからないケースでしたら、ほとんどはその後の対処で改善します。

当院で行う『坐骨神経痛』の施術は、低刺激な“オステオパシー”が中心です。下手に体へ負担をかけずに行えるのが特徴で、症状が出ている問題箇所に直接アプローチを行わない、優しくソフトな施術法になります。

『腰痛』と共通の原因箇所が症状に繋がっているケースが多いため、最初に行う質疑応答の見立て次第ですが、それらに関連するアプローチがメインとなります。他にも、体のねじれやズレを整えることで、原因を根源から正常化していきます。

『坐骨神経痛』には様々な症状の出方がありますので、例えば神経痛が酷くしびれも強烈に出ている日は“揉みほぐし”は行わず、ピンポイントでの原因箇所へのアプローチのみで済ませます。次回時に症状が軽減していればその回からほぐしも取り入れるなど、施術内容は1人1人に合わせた形となります。

その場で痛み・しびれを改善させる!というのも重要なポイントですが、それ以上に痛み・しびれの原因箇所の改善を重要視しています。いくらその場で症状が改善しても翌日には元通り・・・、数日も保たない・・・、となってしまっては元も子もありませんので。

ちなみに、腰痛や疲労を我慢し続けていたら『坐骨神経痛』になった!など、原因箇所の確信があるのなら、整体院へすぐに行く形でも良いと思いますが心配な方は、まずは病院にて検査を受けてからの方が安心ですよ。

4) 自分で取り組める改善方法

『座骨神経痛』で症状が酷くなりやすいケースには、おおよそ共通点があります。
よくあるケースとしては「座りっぱなしで仕事」「同じ姿勢で睡眠を続ける」「長時間運転」あたりですが、仮にそれらを控えろと言われても難しい事項です。

「座りっぱなしで仕事」の方は、お尻の片側の一点が圧迫されるリスクが高まります。そしてその過緊張が梨状筋へ伝播されるのに、そう時間はかかりません。ですから、なるべく長時間の座位姿勢は避けましょう(立って小休憩や、背筋を伸ばすなど)

しかし、お仕事上それも難しい方もいらっしゃると思います。「長時間運転」の方は小刻みに休息を挟む暇なんて無いでしょうからね。耐圧を分散させてくれるクッションを使うなど、楽に座れる工夫が必要になるかもしれません。

ちなみに「同じ姿勢で睡眠を続ける」のも、座り続けるよりは負荷が少ないのですが睡眠時間である6~7時間もの間、じんわりお尻に負担がかかり続ける事により同様のリスクが高まります。朝方に『座骨神経痛』が酷く出てしまう方に多いです。

いずれにせよ問題は“自分の体”ですので、早いうちに見て貰い改善させてしまった方が時間的にも体的にも無駄なロスが生じなくて良いと思いますよ。

5) よくある間違った対処方法

まず『坐骨神経痛』にも程度があり、これも軽度・中度・重度とおおまかに分類できます。

軽度・・・歩行時に臀部・太腿に痛みを感じ、ピリピリ・ピクピクと鈍い痛みを伴う
中度・・・常に激痛で、痛みによる睡眠障害も出て、下半身の感覚が鈍くなることも
重度・・・激痛の嵐。発症した足の筋肉が衰え、足の筋肉バランスが左右で変わる事も

軽度~中度の時点でかなりお辛いと思われるため、重度まで何もせずに放置するのは逆に難しいでしょう。当院でも、圧倒的に見る頻度が多いのは軽度の症状の方です。炎症による軽度状態の痛みと違い、神経痛は軽度であっても非常ーに辛いのです。

ちなみに、ご自身が症状を感じたからといって推奨されない行為があります。それは、氷水や冷湿布などで患部を急激に冷やすことです。『坐骨神経痛』は炎症とは違うため、患部を冷やすとさらに痛みの酷さが増幅してしまいます。例え軽度の症状であっても控えましょう。『ぎっくり腰』などと違い『坐骨神経痛』の問題箇所は、温める方が良くなりますよ。

それと『坐骨神経痛』にもストレッチが効果的と言われていますが、症状が酷い状態から行っても逆効果になる可能性が高いです。神経痛の出ている患部を思いきり捻る・伸ばす行為は、適切な力加減・伸ばす方向の考慮が必要だったり、意外と難易度が高いためです。よって病院や整体院などへ行った後での、アフターケアとして行うことが推奨されます。

6) まとめ

これまで挙げた通り『坐骨神経痛』には様々な症状の出方がありますが、おおよそ臀部から大腿部・下腿部にかけ、痺れや痛みが出る症状を指します。

『坐骨神経痛』は発症により日常生活に支障が出やすく、仕事での作業効率の低下、睡眠不足、ストレス肥大、体の動作不備など、長引くと精神的な負担も増え全てのやる気が萎えてしまう事もあります。

放っておいても良くなる事は少ないため(仮に良くなっても再発しやすい)早い段階で原因改善に向け行動することをオススメします。『坐骨神経痛』の改善の為には、いったいどうすれば良いのでしょうか?

『坐骨神経痛』は、適切な処置が行われれば基本的には早期に改善します。もちろん全症状に対してではありませんが(膀胱や直腸に障害が見られる場合は外科にて手術も検討されます)病院での検査で、大きな障害が見つからないケースでしたら、大体は施術を重ねることで改善してゆきます。

なお『腰痛』と『坐骨神経痛』は同時に出るケースが多く、原因箇所が共通している事が大半なため施術内容は『腰痛』を基本としたものになります。

整体では3~6回前後での改善例が多く、軽度の『坐骨神経痛』なら1回で十分な場合も。『坐骨神経痛』は早期に改善させ、ストレスの無い快適な日々にしましょう!