肩こり

肩こりについて

 

1) お客様の訴えるよくある症状例

肩こり』は当院でも受ける相談数として、毎年1,2位を争う定番症状です

  • 長年『肩こり』を慢性的に自覚している
  • 昔は無自覚だったが、急に『肩こり』が出始めた
  • 肩こり』の治療法や薬など世に沢山あり過ぎて逆に分からない
  • 肩と首が双方とも辛く、頭痛の出る機会も増えた
  • 肩こり』が酷すぎて、病院で検査したが異常なし
  • 肩こり』が酷いと、吐き気までしてくる
  • 肩が力んだ状態が続き、自分で改善できない  

事務職の方にとっては【職業病】と呼べるほど馴染みの深い呼び名でしょう。

ただ職業により多少偏りはあるとはいえ、性別や年齢に左右されない定番の体トラブルの1つとして『肩こり』は誰もが知る症状ですね。

2) 症状が出る主な原因

そんな『肩こり』の原因とは一体何なのでしょうか?

単純に疲れでカチコチに固まっている影響?冷えで肩の部分だけ血行が悪くなっているから? それともストレスによるもの?

つい辛い症状の出ている場所(肩)に原因があると考えてしまいがちですが、実際は“肩だけに原因があるケースはほとんどありません。

長年、私も様々な肩こりを施術してきましたが、酷い肩こりや慢性化している肩こりは、大体が別の場所からの影響で発症しています

いわゆる“体の歪み”が原因となってる事が大半なのです。

背中の過緊張、骨盤の歪み、腕の疲労の蓄積、足先~股関節までの連結異常、呼吸器の弱化による胸椎詰まり、両腕付け根の内旋化による猫背の悪化の影響・・・様々なケースがありますが“肩こりの原因は肩以外にある”場合が大半です。

それこそ揉みほぐしてもすぐに戻ったり、長期化してしまっている『肩こり』などが該当します。既に『肩こり』が慢性化して困っている方は、まずは認識を肩だけでなく、全身の問題と捉え直した方が良いでしょう。

体の歪みを無視して肩をほぐしたりストレッチをしているだけでは、良くなるどころかどんどん悪化してしまいますよ

  • 休んでも一向に症状が良くならない
  • 週に何度も頭痛が出てしまう
  • 病院の検査でも原因特定できなかった
  • 揉みほぐされてもすぐ戻るor悪化する

上記にいくつか該当すると思う方は要注意です。全身の歪みから肩への悪影響を改善させていく処置に切り替える事をお勧めします。

3) 当院での改善の仕方

当院の『肩こり』施術は、“オステオパシー”が中心となります。

下手に体へ負担をかけずに行えるのが特徴で、症状が出ている問題箇所に直接アプローチを行わない、優しくソフトな施術法です。

まずは『肩こり』を引き起こす影響を与えている原因箇所を素早く特定し、アプローチを試みます。

肩こり』には様々な原因の種類がありますので、例えばデスクワークや編み物など背中や肩の硬直が酷い場合は“揉みほぐし”も行うなど、症状の原因に合わせ施術内容は1人1人違うはもちろん、毎回の施術内容自体がその時々の状態に合わせていく形となります。

加えて体のねじれやズレを同時に整えることで、痛みや症状が出ている原因を根本から正常化していきます。

肩こり』の軽度・重度などの程度に左右されず、体へかける負担を最低限度までに抑えられるので子供~老人まで安心して受けられます。

施術イメージ

その場で痛みを改善させる!というのも重要なポイントですが、それ以上に『肩こり』の元となっている原因箇所の改善を重要視しています。

いくらその場で痛みが改善していたとしても、翌日には元通り・・・、数日も保たない・・・、となってしまっては元も子もありませんからね。

4) 自分で取り組める改善方法

ご自身のセルフケアのみで肩こりを完全解消するのは難しいと言えますが、肩こりは日常生活の悪いクセから症状がどんどん悪化していきます。

意外な仕草が悪化要因となっている事もあります。それらを意識する事により、出来る限りの改善を目指しましょう。

【肩こり対策その1】

同じ姿勢を長時間とり続けない(特にデスクワークや立ち仕事)人間は同じ姿勢を無理なく保持できるのは30分程度が限度といわれており、それ以上になると筋肉が硬くなり血液循環が悪くなる原因となります。

1,2時間に1回目安で、休憩や簡易ストレッチなどをした方が『肩こり』改善の為には良いでしょう。

【肩こり対策その2】

あごを前に突き出さない意識をしましょう。特にPCのモニターなどを長時間見るとき、無意識のうちになりがちです。頭が前にあるだけで重みを支えようとして、肩首に必要以上の力が入る原因となります。

机と体との間隔を握り拳くらい意識で、綺麗な姿勢をキープしましょう。

【肩こり対策その3】

普段使いの枕が、低すぎる or 高すぎるのは良くありません。体に合わない事を自覚しながらも「せっかく新しく買った枕だし・・・」と使用を続けると、首~肩の筋肉が緊張する原因になります。

睡眠姿勢の際、程よい枕の高さをアゴの位置で判断しましょう。地面に対して水平になるくらいがちょうど良く、それが保持できる高さの枕が理想です。硬さや材質は好みで選んで構いません。ただ横向き寝が主体の方は、横向き時のアゴの高さで見ましょう

寝具選びは難しい側面もありますが、自分に合った寝具に出会えれば『肩こり』の軽減化や改善に大きく繋がりますよ。

【肩こり対策その4】

疲れ目を防ぐ意識をしましょう。近い物を凝視するダメージはかなり大きいので、たまにはボーっと遠くを見てリラックスする時間を設けたり、PC・モバイル端末の使用時は輝度を最適な明るさに調整しましょう。

PC・モバイル端末の画面を多く見る方は、まとめての休みより1時間続けたら数分休むなど、こまめに目を休ませる方が『肩こり』改善に繋がります。

【肩こり対策その5】

ストレスの発散も重要です。ストレスが蓄積すると、自然と全身が力みやすくなります

特に力が入る場所は歯や腕、そして肩です。そのような緊張状態が続く事により、更に体に無駄な力が入ってしまい悪循環に陥ります。

趣味や軽い運動などリラックスできる時間を大切にし、ストレスを発散させ『肩こり』改善の為、全身の緊張を弛緩させる機会を多くしましょう。

【肩こり対策その6】

肩首を冷やさないよく温める。これは近年、テレビや健康雑誌などでも盛んに言われていますね。

“冷え”は『肩こり』だけでなく、万病の原因となりえます。

慢性的な『肩こり』状態の場合、エアコンや冷気などで体が冷えないように気をつけ1日1度は湯船に浸かるなど、体をじんわり温めると『肩こり』には良いですよ。

毎日シャワー、という生活は健康上そして衛生上もオススメしません。

5) よくある間違った対処方法

よくある肩こりの対処法の中で、逆効果となりやすいのがストレッチです!

なごみ整体院 肩こり悪化

肩こり』でお悩みの方が、雑誌やテレビで紹介されたストレッチや健康法を試し逆に悪化して当院へ来院、という流れは現場では日常茶飯事です。

誤解の無いよう補足しますと、ストレッチ自体は肩こりの対処法としては有効です。

ですが、多少のコリ程度ならまだしも、ズキズキと辛い『肩こり』時に行うストレッチは自ら傷口を広げているようなもの

まずは暖かいお風呂に入るなど、とにかく無理に動かすような行為は控えましょう

肩こり』が酷くなってから始めても、変な力の入れ方や、その時に伸ばしてはいけない原因箇所も無自覚で伸ばしてしまったりするケースが多く、改善どころか逆効果になりかねません

ストレッチは、極力痛みが改善してから“再発予防”として行うようにしましょう!

6) まとめ

肩こり』は学生の頃から自覚がある方もいれば、社会人以降に突然出てくるケースもあります。

よくある体のトラブルの1つでもあるため、自覚が出てもあまり深刻に考える方は少ないでしょう。

ですが甘く見てはいけません。特に体の歪みが原因で引き起こされる肩こりはラクな姿勢(寝る・座るなど)でいても、背中~肩~首までが無意識で力んでしまいそれが『肩こり』を更に悪化させ、ジワジワと全身を広く蝕んでいく悪循環に陥ります。

痛みや違和感のある状態になったら、改善の為にどうすれば良いのでしょうか?

理想としては、この段階で病院(原因検査)や整体院などへ行くのがベストです。

酷い『肩こり』(めまい・頭痛・嘔吐などが併発)でなければ、整体では数回での改善が目安です。

市販の湿布や塗り薬で安静にするのも手ですが、体の歪みが原因の場合ですと焼け石に水となる可能性が高く、あまりオススメは出来ません。

肩こりは1度酷く出てしまうと、しっかり原因処置を行わなければ慢性化しやすい症状です。

後々に苦労しないよう、気になった時点で軽視せず、早々と対処していきましょう!