ぎっくり腰

静岡のなごみ整体院 ぎっくり腰についてマンガで解説

1) お客様の訴えるよくある症状例

重い物を持ち上げた時や体を曲げた瞬間など、特定の動作が原因となり激しい腰痛が現れる現象、これを『ぎっくり腰』と呼びます。この言葉自体はよく知られており、皆さん1度は聞いた事のある言葉かと思われます。

  • 物を持ち上げた瞬間、腰に激痛が出た
  • くしゃみをした途端、腰に激痛が出た
  • 体勢を変えた際、腰に強い痛みが出た
  • 前兆は無かったが朝、急に起き上がれなくなった
  • 洗顔中、腰が曲げた状態のまま硬直してしまった
  • 家事の途中、腰痛が徐々に悪化し動けなくなった
  • 長距離の運転後、時間経過とともに腰痛が悪化
  • 子供を長時間抱っこし終えた後、腰痛が悪化

上記は単なる一例で『ぎっくり腰』の発症パターンは非常に多彩で、重度症状では大病だと思い込み救急車を呼ぶ方もいる程です。

昔から「魔女の一撃」とも比喩される程で、起き上がりや寝返りに苦痛が伴い、満足に身動きがとれずスッキリ改善しない状態が何日も続くのが特徴です。

症状の程度が軽度・中度・重度のどれに該当するかにもよりますが、大抵の場合においてその経験は軽いトラウマものでしょう。

下手に長引くと仕事も長期離脱しなければならなくなる為、発症後は早急な処置が求められる症状に該当します。

2) 症状が出る主な原因

ぎっくり腰』とは老若男女の誰にでも起こりえる急性腰痛症の1つで、端的に表現するなら腰の捻挫(ねんざ)です。

多くの場合、腰椎周辺の関連筋肉の過剰収縮により腰椎関節・靱帯・椎間板・筋膜などに損傷や捻挫が起きてしまう=『ぎっくり腰』発症、という流れですね。

つい『ぎっくり腰』は腰に負担が集中したのが原因と思われがちですが、意外とその例は少なく【背中】【腹部】【臀部】など実際には痛みの出ていない部位の過緊張が原因となっているケースが大半です。

故にその原因場所の特定を短時間で見つけ出し、よりダメージの少ない手法で対処を施してくれる治療院探しが『ぎっくり腰』治療の要とも言えるかもしれません。

ちなみに病院では、X線(レントゲン)検査をしても大きな異常は見つかりません。湿布や痛み止めが処方され、安静を指示される事が多いでしょう。

事実、軽度の『ぎっくり腰』だったのなら数日間安静にしていれば痛みは緩やかに改善します。

ただ、自然回復任せでは腰痛自体が改善されても、体の歪み(原因箇所)は改善していない状態のままです。

そうなると『ぎっくり腰』の再発リスクが高いまま日常に戻る事へとなるので、オススメは出来ません。

3) 当院での改善の仕方

当院で行う施術は、基本的に刺激の弱いオステオパシーを基本としたものです。激しい痛みの出ている『ぎっくり腰』当日でも、施術は十分に可能です。

むしろ痛みの酷い時ほど少しでも改善して欲しいものですし、出来るだけ早く問題箇所の原因改善をオススメします。 しかし自力で動けない or (車で来る場合)運転が出来ない程でしたら、来院途中の事故にも繋がりますので、多少は動けるまで回復してからご予約頂く、もしくは身近な方のサポートを受け来院して下さい。

施術イメージ

施術内容もソフトな刺激が中心で、痛みが強く出ている腰部分への直接アプローチはほぼ行いません。

痛みの出ている箇所に影響を与えている別の原因箇所、そちらを中心に施術内容を組み立て炎症による過緊張を緩和していきます。

他にも体のねじれやズレを整えることで、痛みが出ている問題箇所への負担を減らし、術後~2,3日後にかけしっかり回復を促す事を優先し、痛みの軽減&動きの回復、ひいては総合的な改善を少しでも早める方針で施術を行います。

なお、整体の必要回数の目安は『ぎっくり腰』の場合、軽度・中度・重度の該当状態によって変わります

  • 軽度(痛むがある程度動ける)…1~2回
  • 中度(気合いで動けるが激痛)…1~4回
  • 重度(動けず楽な体勢も無い)…3~6回

原因箇所にさえしっかり施術が施されていれば、あとは体の自己回復力で改善していくため多くは1回、炎症の回復に合わせながらの処置が必要なケースでも3回内で終わる事が多いです。

4) 自分で取り組める改善方法

まず第1に、安静にする事です!

仕事は極力控え、腰に負担がかからないよう横になって休んで下さい。

ただ痛みが酷過ぎる(楽な姿勢がほぼ無い)場合は、安静にするのは施術を受けてからの方が良いでしょう。

なお『ぎっくり腰』の初期は、患部に熱が生じて広がっていくためアイシングが良いとも言われます。

実際に経験された事があるという方は、スポーツ経験者以外では少ないでしょう。私が少年野球に励んでいた頃は、試合後に必ずピッチャーが行っていました。

選手がデッドボールを受けた際や、投手の試合投球数が多かった時などに使うコールドスプレー、または患部を直接氷水で冷やすアイシング定番な対処法です。

ダメージを負った箇所を、冷却することで損傷の範囲が広がることを防ぎ、より痛みが広がらせない事を目的としています。

同じく『ぎっくり腰』も患部が熱を持っている為、速やかに冷やして炎症を鎮めようという考え方ですね。

冷やす時間は30分くらいが妥当です。 適度な間隔で冷やすのをやめ、患部が元に戻ったらまた冷やす…このサイクルを何度か繰り返します。

もっと手軽に冷湿布を使用するのもOKです。5~6時間の周期で取り替えましょう。回復に合わせて取り替える頻度を少なくしていきます。

アイシングでは長時間の冷やしすぎに注意しましょう。凍傷になる可能性もありますし、そもそも人間は恒温動物ですので、冷やし過ぎは他の不調に繋がる恐れがあります。 あくまでアイシング初期の患部炎症の広がりを防ぐ、一時的な対処法としてお考え下さい。

そして患部を冷やし続けても痛みが一向に改善されない場合は、やはり病院で原因検査などを行うようにしましょう。

5) よくある間違った対処方法

ぎっくり腰』と腰痛…症状の違いはあれど、大元の原因は共通しています。

よって、腰痛と同じく逆効果となりやすい【ストレッチには要注意です!

そもそも、あまりにも痛みが酷い時は自分で体を積極的に動かす気持ちが薄れるものですが、「明日から仕事がある」「○日までには治さなくては」などという焦りから、つい無理をしてしまいがちです。

しかし、その行為は『ぎっくり腰』の時には最悪の対応と言えるでしょう。

傷口に塩を塗り込むような行為ですので、ほぼ確実に悪化を促します。改善までの期間が無駄に長引くだけですので、極力お控えいただくのが賢明です。

ストレッチは、痛みが良くなってから【リハビリを目的】として行うのがオススメです。

6) まとめ

ぎっくり腰』には、様々な発症パターンがあります。

突如グキッと激痛がやって来るケースもあれば、徐々に鈍痛が酷くなっていくケース、グキッと一瞬痛んでから徐々に激痛へ!というケースも。

そんな日常生活に大打撃を与えてしまう『ぎっくり腰』…いざ自分の身に降りかかった場合、早急な改善の為にどうするべきでしょう?

繰り返しにはなりますが、早い段階で整体院などへ行く事を推奨します

安静に徹するのも一手ですが、施術後に安静にされた方が回復ペースが違いますし、何より時間経過とともに悪化するタイプの『ぎっくり腰』だった場合、適切な処置さえ受ければ本来数日で良くなるものが、1ヶ月以上も辛い状態を引きずる事態になる可能性もあります。

軽度の【ぎっくり腰】でしたら、安静にして患部を冷やせば沈静化していきます。ただ、軽度か?中度か?その自己判断はなかなかに難しく…

ちなみに重度の場合は、ほぼ身動きが取れないので言われずとも感覚で分かるでしょう。 痛むけど寝ていれば治るかな?と安静に過ごしてたら、どんどん痛みが増してきた!何とかして下さい!という、当院への問い合わせは日常茶飯事です。

実際そのようなケースは、体の歪み(原因箇所)が患部に毎時ダメージを与え続けている状態であると考えられるため、早急な原因箇所へのアプローチが望まれます。

なお、整体の必要回数は『ぎっくり腰』の場合、軽度・中度・重度の該当状態によって目安が変わります

  • 軽度(痛むがある程度動ける)…1~2回
  • 中度(気合いで動けるが激痛)…1~4回
  • 重度(動けず楽な体勢も無い)…3~6回

原因箇所にさえしっかり施術が施されていれば、あとは体の自己回復力で改善していくため多くは1回、炎症の回復に合わせながらの処置が必要なケースでも3回内で終わる事が多いです。

ただ、病気でも怪我でも全てに通じる事ですが、最短期間(回数)で改善させたい場合は早期対処が最重要となります。下手に我慢し続けても痛む期間が長引き、悪化すれば後にかかる治療費が増すばかりです。

なお、当院では施術後に発症中に注意したい日常行為や、ついやってしまいがちな姿勢をまとめた《ぎっくり腰のフォロー冊子》を皆さんへお渡ししております。その内容(分かりやすく図解やマンガで構成)を目処に、術後は改善に向けてお過ごし下さい。

図解やマンガで分かりやすいぎっくり腰フォロー冊子